ニュース

2018.04.02
ぎふ美術展

彫刻 審査員 小清水 漸氏からのメッセージ

審査員 彫刻 小清水漸

 彫刻することの愉悦と困難の元は、じつは同じところにあります。
 彫刻には絵の具やカンバスといった、あらかじめ用意された材料や道具はありません。ありとあらゆる日常的物質が、表現のための素材となり道具となります。
 ありふれて見慣れたものが、ある瞬間彫刻になることを見極める楽しさは、なにものにも代えられません。
 たくさんの超日常的表現に出会えることを楽しみにしています。